FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
錫杖岳左方カンテ2日目
2006-12-17 Sun 19:27
錫杖岳左方カンテ2日目はam3:30起床(もちろんビリ起き)、5:00岩小舎出発。
小雪がチラつく。

1~3ピッチ目は前日張ったFIXをユマーリング。
慌てて買ったユマール、練習したのは3年程前の1度きり。
(舐めとんのかっと怒られても仕方ない…)
今回はロープを4本持って行き、1P目と2~3P目を繋いで各2本
張ったので、同時に2名が登ることが出来る。
なのに、やっぱり時間かかっちゃった。
ユマーリングの動作は割とスムーズに出来たと思う。
だけど力を使い過ぎ、ちっとも体力温存になってない。
結局3P目でヨレヨレになり、前日力尽きたところで大休止。
終了点に着いたのは8:30であった。かなり足を引っ張った・・・
(2~3P目を繋いだけど、ルート通りにラインをとったので右壁は
直登していません。直登だったらもっと時間くっただろうな)
<4P目のチムニー>
PC170839.jpg

いよいよ4P目のチムニーへ。この頃には気温も下がり、雪も
かなり降ってきた。
Sおじさんがチムニーに突っ込む。確実に高度を上げていくのを見ても、
大変さが伝わってこない。夏にリードした時、
「冬は辛いだろうなぁ、このピッチ」と思ったのは覚えていた。
登ってみると案の定、






ありえねぇ~っ
sumireちゃんの名言に「まるでサーカスよっ
ってのがあったけど、「まるでシンクロよっ」の状態に陥る。
人間チョックストーンになりそうでした
上からはスノーシャワーがバンバン落ちてくるし、
チムニーの抜け口はホールドもスタンスも無い(と自分には思えた)。
おまけにA0したくてもピンも無い(泣)
狭いチムニーでは脇に携帯したアックスも取り出せず、かなり難儀
いたしました。
<5P目出だし>
PC170845.jpg

次はフェースの人工。天気が更に悪くなり、寒い。
汗が冷えて手先もビリビリしてきた・・・
ピンが遠めのところは、shimoがお助けでスリングを垂らしてくれたので
比較的楽に登れた。感謝であります。。。
スラブから右へフリーで乗り移るところが怖かったのと、
その後、大テラスまでも気が抜けなかった。
<核心ピッチ出だし>
PC170849.jpg

大テラスで栄養補給して、核心の7P目へ。
ところが中盤左壁に移るところで行き詰まりました。
クラックの中でギア(大きめのカム)が無いとのことで、ここで敗退決定。
時間は13:00頃でした。
ここまで来れただけで、お腹一杯の我は悔いナシです!
<この先で敗退>
PC170851.jpg

<幻想的で見とれてしまった>
PC170853.jpg


さっさと懸垂、岩小舎に15:00頃戻りラーメンで暖まった後下山。
駐車場には17:00頃着いた。(帰りの渡渉はマジ緊張)


さて、越沢アイゼントレ祭りの成果は・・・満足のいくものではなかった。
でもやっていなかったら、もっと悲惨だったとも思う。
家に帰り丸まった刃のアイゼン見ながら、
満足いかなかった⇒もうちょっと上手くなれるってことだと
前向き(お気楽)に思うことにしました。

Sおじさん&shimoお疲れさまでした&毎度のことながら本当にありがとう!!また次もよろしくです。


【今後の要検討事項】
・グローブ(色々試してみるものの、まだコレだ!ってのが見つからない)
・アックスやアブミの携帯(取り出しが上手くいかない&足に引っかかる)
・汗対策(ド汗っかきなので、アンダーと中間着改善かなぁ)

スポンサーサイト
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
<<今季初アイスクライミング 南沢小滝 | ヨレヨレなるままに~blue sky~ | 錫杖岳左方カンテ1日目>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。