The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
GW山行 剣尾根R4~3日目~
2006-05-06 Sat 21:03
5/6…5:50ニ俣-7:50馬場島-18:00練馬

R4でお腹いっぱいの3人なので、翌日のチンネ左稜線は
あっさり棄権。誰も異論無し。憧れのチンネだけど、いつかまた
来るだろう。ってか自力で登りたいので、絶対来る。

4:00起床、撤収して6:00前にニ俣を後にする。
最高のテン場よ、さようなら・・・
TURU29.jpg


また雪崩に怯えながら下るのかと思うと、ちょっと気が滅入るが
早いとこ下らないと。
TURU28.jpg


3人で間隔を開け、ゴルジュ内をダッシュで下りる。
明らかに行きと様子の変わった池ノ谷ゴルジュ。
この2日間でかなり雪崩が起き、さらにデブリが溶けた様子に驚いた。

馬場島には7:30過ぎに着いた。雪崩の恐怖からも逃れ、満足感だけに
浸り派出所脇の食堂で乾杯。
富山市内に出て、マンション内にある怪しい温泉『城南温泉』(予想以上
に良かったりする)でサッパリし、念願の回転寿司屋で何度目だぃ?の
乾杯して帰京。

<簡単なまとめ>
○アプローチ…なんといっても池ノ谷が怖い!極上の景色を
堪能させてくれるものの、極上の恐怖も味あわせてくれた。
テン場の二俣は最高のロケーション。
○R4…トポに書いてあるとおり、写真でみるよりも傾斜はなかった。
けど残置も少なく、氷も薄い。トップなんて一生無理だと思った。
使ったスクリューは全部で3本くらい?回収は全体で1回しかしなかった。
エイリアンを結構使っていた。
○下降…コルBまで、岩峰を巻かずに行ったパーティもいるのかな。
巻きが意外に悪かった気がします。
そして最大の反省「アイゼン落とすな」

ルートに対する思い入れも無く(夢のまた夢だと思ってた)、
R4目標にトレーニングを積んだ訳でもない。
降って湧いた話に飛び乗っただけの剱尾根R4。
情けないけど明らかに『連れて行ってもらった』としか表現できない。
でもこんなチャンス滅多に無い!と、飛びついて本当に良かったし、
嬉しかった。そしてもっと自分のチカラで登りたい、そう思った。
今回の経験を、今後活かすことが自分への課題。

御大・shimock、4日間本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
<<おnewな”ぱんつ”で復活 | ヨレヨレなるままに~blue sky~ | GW山行 剣尾根R4~2日目~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。