The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
霧積アイスクライミング
2006-02-19 Sun 15:34
血圧下げてヤル気上昇!by丸さん
今日もまた立川組にお世話になって、霧積温泉へアイスクライミング。
mem:丸さん・あいばさん・ゆうこさん・shimock・カリック

朝、霧積館の駐車場に着くと、かなりの台数が停まっていた。
奥のエリアは混んでるだろう、ってことで下のかくれ橋の滝を
登ることに。初めて奥のエリア以外に進出
先客は1パーティ、3人ずつに別れ、かくれ橋の滝の右奥に
もう1本滝があったので、ウチらはこれを先に登る。
<右の滝はユルユルのナメ滝(に見えた)>
cb2a.jpg


ずーっとナメ床が続いており、最後に5m弱くらいの滝。
「おぉ、これならリード出来そうじゃないかっ」萌え燃えてきたぞと。
最初の15mは傾斜が殆ど無く、普通に歩ける感じ。
始終氷は固かった。
傾斜が急にキツくなり、出だしにスクリューを1本入れ、
中央左のラインを攀じ登り始めたら…腕がピキピキ。
1m足らずで恐怖感に襲われ「落ちたらどうしよう…」
たまらず2本目のスクリュー入れてしまった。
ふと見ると1本目の僅か50cm上だった
(この時、下からゲラゲラと笑い声が聞こえた気がする
更に抜け口でもう1本入れるか悩んでる間に腕が疲れ、
「このまま行ってまえ~」と一気に登ってしまった。
ダメ見本のようなランニングの取り方。
残る二人を上でビレイして、懸垂。
<余裕のカリックさん>
dcf1.jpg

かくれ橋の滝に移動して、フォローで楽ちんさせてもらいました。
こちらは軟らかい氷で、研いでないバイルでも刺さる刺さる。
降りた後、先行していた地元の方から情報をたくさん貰った。
やはり群馬の氷は地元クライマーに聞け!って感じで面白かった。

その情報を頼りに、奥のエリアには行かず鉄橋脇にある
V字の滝を登ることに。
<左側の滝>
97e9.jpg

簡単に見える左の滝をリード。
本日3本目で慣れてきたのか、長い割には余裕もって登れた。
傾斜はずっと同じような感じで、緩いまんま。
右の滝は、左と右にラインがとれそう。
あいばー'sは左のラインを。
<ン年ぶりのアイスの丸さん>
8e52.jpg

<ゆうこさん>
1b43.jpg

続いてこちらの組も右の滝を。
リードのshimokは右のラインを登っていく。
出だしから傾斜がキツい・・・
2906.jpg

<撮っちゃいやーん、ってか>
d0eb.jpg

続くカリックも、ちょっと大変そうでした。
<「はぁ~」というため息が聞こえたような…>
11b5.jpg

横爪アイゼンで、岩もやったことないのによく頑張りました。
すごいです。。。(本人は納得してないようですが)
20dd.jpg


落氷を顔面にヒットさせながら、とりあえず抜けて終了。
上手くレスト出来るポイントも探せず、我武者羅に登るだけに
なっちゃったのがもったいない。
余裕無いとこうなっちゃうんだな…
この滝が4本の中で一番ムズイ。右のラインは氷は堅かったけど、
左の上部抜け口はボロボロだったです。
この滝がリード出来たら、色々な意味で一歩踏み出せるんだろうな。

帰りは「峠の湯」でポカポカになり、谷川帰りの御大を横川駅で
拾って「おぎのや」でゴハン食べて、渋滞(爆睡してたけど)に
巻き込まれながら帰京。

ん?あと一つハプニングがあったような???
スポンサーサイト
別窓 | 山・Climbing | コメント:2 | トラックバック:0
<<今さら"初詣"高尾山~陣馬山 | ヨレヨレなるままに~blue sky~ | 初登?かもしんない名無権兵衛の滝>>
この記事のコメント
今日からキナバルへ行ってきます。
こくうまチーズは6Pも出てましたね。
この前、東急で198円も出して買っちゃいましたよ。赤ワインに絶妙。
で、ゲットお願いします。
2006-02-28 Tue 01:28 | URL | ☆ #qhVXTLRM[ 内容変更]
毎度お買い上げありがとうございますです。
(金出して買うのが当たり前だろーがi-211
もうキナバルなの?毎度のことながら気をつけて。。。
帰国までにいくつか用意しとくよ。


2006-02-28 Tue 11:28 | URL | ukky #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。