FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
初登?かもしんない名無権兵衛の滝
2006-02-11 Sat 14:32
御大からのメールタイトルは「例の滝.again」

千波の滝が登れずに西上州まで彷徨った際
臼田下仁田線を走っている時に見つけた、山肌に浮かぶ白いすじ。
「あ、あれは??」
3人とも目が光った。御大&タッキーはもうギラギラ
双眼鏡も地形図も何もないまま、とにかく白い物体めがけて
近づいてみることにした。「もしかして未登の滝かも?!」
<かなりの大きさに見えるが、登れる程度に凍ってるのか?>
P2110367.jpg

臼田下仁田線から林道星尾線というのが延びていた。
勘だけを頼りに林道へ入り、500m程走ったところから尾根に取り付いた。
偵察目的で着いた滝は、下部10m弱のF1だった。なので全容はわからず。
そのまま東京に戻るが、3人ともこの滝のことが頭から離れなかった。
<ギア持ってくれば良かった…>
P1220196.jpg


で、前フリはここまで。数日間気温が上がり続け、
さすがにもうダメだろうと諦めてた矢先に御大からのメール。
「ダメもとで例の滝行ってみませんか?」
行きます。何が何でも行きます。
土曜の朝、関越道は事故渋滞で大変なことになっていた。
下仁田道の駅で待ち合わせするも、既に1時間以上予定がずれた。
気温もかなり高くて春の陽気。
ますます悪くなる条件に、3人ともテンション気味。
しかも林道に入ると、4駆が数台停まっている。
「も、もしかして誰か登ってるんじゃ?」
しかーし、クルマの持ち主は、ハンターさんでした。
え?ハンターってことは、今日鉄砲撃ちやってんの?
そういや偵察時、空の薬莢が転がっていたっけ…
留めの一発、諦めようかと思った時一人のハンターさんに遭遇。
ダメもとで聞いてみた。
「今日って狩ってるんですよねぇ…」
「えぇ、やってますよ」
「あのー、この先の沢から上に登りたいんですけど…」
「あー、まさにあそこ一帯で撃ちまくってるねぇ」
そりゃダメだ。核心がハンターとの駆け引きなんて危なすぎる。
「歌いながら行けばいいんじゃない?」
「最近のイノシシは歌うのか!と狙い撃ちだよ」
「じゃ、3人でハモっていけば…」
「最近のシカはハモるのか!で狙い撃ちだ」

今年逃したら、数年は凍らないかもしれなかった。
南西面を向いており、日が当たってしまうから。
撤収しようかと思った矢先、ハンターさんが
「でもあと30分もすれば終るよ。」
ま、まじっすか?!それなら待ちます!
慌てて準備をして、ハンターさんの撤収を待つ。
そして昼過ぎに出発した。
<前回尾根沿いに登って失敗したので、沢を詰める>
P2110325.jpg

陽が当たりまくって暑い。アプローチで3人とも汗だくになり、
途中進路変更しながら、F1に着いた。
前回より上部の氷が溶けているような気がする。
P2110330.jpg

<F1はタッキーのリードで>
P2110331.jpg

フォローで登ると、氷というよりはグサグサの雪の塊のようだった。
アイゼンが中々決まらず、ズルッズルと落ちそうになった
おまけに、滝の抜け口は氷は薄い!岩はボロボロ!冷や汗ダラダラ。
バイルの「ゴンっ」と鈍い音を聞いて、涙…岩叩いちゃった。

P2110333.jpg


上部には3m程の氷もあり、抜けたところでピッチを切る。
F1を抜けても大滝は見えず、藪をこぎながら岩壁を回り込む
ように抜けると、いよいよ見えた!あの大滝だ!
P2110334.jpg

ようやく王子様に巡り逢えた~
高さは20mくらい。下部までしっかり凍っていれば、30mにはなる
だろう。傾斜が今イチわからないけど、御大の大好きなバーチカルには
間違いなさそう。
<F2はもちろん御大リード>
P2110343.jpg

<ここらへん傾斜キツイです。腕がハリまくったです。>
P2110347.jpg

<続いてタッキーが登る>
P2110358.jpg

下部は傾斜も緩く、快適に登れた。が、中盤から上は傾斜もたってて体勢が
キツイ。バイルはよく刺さるのだけれど、岩に片足ステミングしないと
落ちそうだった…
でも登れてうれしー!!
終了点から潅木で2P懸垂で、F1まで降りた。
3人とも満足満足。これで宿題が片付いてスッキリしました。
<クルマまで戻って固い握手。お疲れさまでした!>
P2110363.jpg


上機嫌な3人は「おかた茶屋」でお腹いっぱいゴハンを食べ、
別荘と化した道の駅で宴会。あいば'sも交えて、盛り上がりまくりました。

本当に初登かどうかわからないけど、自分達で見つけた滝を
彷徨いながら探して登ったってのは楽しかった。
初登なら名前考えなきゃ???
スポンサーサイト
別窓 | 山・Climbing | コメント:4 | トラックバック:0
<<霧積アイスクライミング | ヨレヨレなるままに~blue sky~ | 待った&寒かった。けど嬉しかった赤岳・主稜>>
この記事のコメント
こらこら~!
行ってますねえ~、毎週出動?
この時期の岩と氷って、写真見てても寒そう。

それにしても、せっかく写真も豊富なんだし文章つけなよ。
忙しいのかな?
2006-02-15 Wed 17:16 | URL | しん #-[ 内容変更]
ようやっと更新しました。この日は汗だくで暑かったー。
冬のこの時期は休出も少ないので、ここぞとばかりに
遊んでます。買ったギアも使わないともったいないし…
(単なる貧乏性&ヒマ人なんで)
行動力は貴方サマには負けますってば!
使ってる体力が違いすぎ。
2006-02-17 Fri 14:11 | URL | ukky #-[ 内容変更]
初登かも?・・・なんか楽しそうですねぇ!

八つの画像もキレイで、自分は縁遠いので
見てるだけで気持ちいいです。
2006-02-20 Mon 17:13 | URL | semi #eeRFPAhI[ 内容変更]
おぉ!semimanさん!(って変だな)
初登かどうかわからないけど、未知モノはワクワク・ドキドキして
楽しかったどす。
岩の開拓もきっとこうなんだろうなぁ・・・と。
来月から「岩」も再開します。開きまくった差を
埋めるべく、ガンバリマス!
(って絶対埋まらない・・・v-15
2006-02-20 Mon 23:23 | URL | ukky #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。