The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
無念・・・千波の滝
2006-01-22 Sun 19:12
御大・タッキー組の千波の滝に便乗。
今まで登った最高グレードがⅣ級そこそこなので、初のⅤ級。
どんな感じなんだ?Ⅴ級って。

前夜は恒例駅ビバ。新たな「別荘」開拓に余念が無い御大、
甲府からちょっと離れた某駅に21:00着。
目の前にコンビにもあり便利だが、酒は売ってなかった。
1時間に1本の電車をやり過ごし、待合室の端でぷち宴会。

翌朝始発の音で起きると、駅員さんが「おはよーございまーす」と
挨拶してくれた。怒られるか?!と一瞬ビビってたので、拍子抜けした。
切符を買おうとしたおばさんも、「どこの山に行くんですか?」と
気さくに話かけてくるし、タクシーの運ちゃんも色々面白い話をしてくれた。
ここら辺に住んでる人は、皆温かいなぁ。
今後もご迷惑にならない範囲で、利用させてください・・・

7:00に駅を出て、千波の滝へ向かう。
僅か15分くらいで滝の見えるポイントに着いたが、
なんだか岩が露出してる・・・
遠めに見る滝の氷は薄くて、とても自分には登れそうにない。
御大も「条件悪いですねぇ。止めましょう」ということで、
転進。清里方面に向かい、色々捜したが気付けば西上州まで
足を伸ばしていた。

林道脇から遥か上に滝が見え、トポも無いけど行ってみるかと
藪をかきわけ適当に山に入った。
久しぶりにワシワシと道無き道を登りつめて、「あー、山ん中にいるー」
と思えた。当然の如く、2人から遅れをとりゼェゼェしながら登ると
小さな凍った滝に出た。巻きはかなり高巻かなきゃだし、偵察のつもりだった
ので、ギアも一切無かった。次にまた登りましょー、ということで撤収。
結局このまま関越で帰った。

千波は次の機会に。




スポンサーサイト
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
<<一生するかどうかは・・・ | ヨレヨレなるままに~blue sky~ | 女優と飲む・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。