The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
雪訓 in 天神尾根
2007-04-22 Sun 23:31
初の雪訓。
恥ずかしながら、基本的な事を知らないので絶好の機会。
予報は芳しくなかったものの、雨が降ったら宴会ってことでとりあえず決行。
固定した肩でも出来ることはやりたい、見てるだけでも勉強になるので参加しました。
新ロープウェーに乗って天神平へ。
そこから歩いて15分ほど登りつめた斜面で講習開始。
<今年は雪が少ない…>
P4220126.jpg

まずは滑落停止。I場先生のデモ。
アックスの持ち方、転んだ瞬間にとる体勢etc。
果たして突然体勢が崩れた時に、自分は出来るんだろうか?
(多分できない)
P4220128.jpg

<コンテのとり方>
P4220133.jpg

ロープのまとめ方をきちんとしないと、ぐちゃぐちゃになりそう。
<斜面登行中落ちたパートナーを止める練習>
P4220136.jpg

ロープ出したら、いつ自分が・相手が落ちるかわからない、と
心の準備はしておくべきなんだろう。一緒に滑落ぅ~じゃ意味ない。
<本日のハイライト!>
P4220143.jpg

そして埋没体験。
最初はSおじさんが生贄。ここぞとばかり、皆ザックザックと雪をかける。
これは肩固定しててもできる!ので、
立候補して女王様と一緒に埋められてみました。
感想は・・・





こりゃ助からん。ほんの30cm埋められただけで、身動きが全くとれない。
残雪で重いのもあるが、顔のまわりの空間を確保していても
お腹と背中が圧迫されて肺が膨らまない。たった5分でギブアップ。

この他、ビーコンの扱い方や回収を前提にしたアックスの懸垂、
スノーバーやデッドマンのテスト、そしてボラードを作って
懸垂してみたりと短い時間ながら内容満載でした。
ただこれを書いてる今、全てを短時間でテキパキと出来るかと
言われると『出来ない』。
何度も繰り返しやらないと忘れますね。
また来年是非お願いしたいです。
講師役を務めて頂いた方々に感謝!の1日でした。

スポンサーサイト
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
<<脱Qその後② | ヨレヨレなるままに~blue sky~ | 脱臼その後①~診断と処置~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。