The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
唐沢岳幕岩・畠山ルート1日目
2006-12-31 Sun 21:27
錫杖で本格的冬壁モードに入ったSおじさん。
「年末年始は唐幕の畠山にいきませんか」
Sおじさんのお誘いは殺し文句でもある。
「えぇっ?!唐幕自体行ったこと無いし、冬壁経験なんてゼロに等しいし、
畠山って・・・・エライ難しいじゃないか!」








で、でも・・・・行ってみたい、うひっ。






「この2人がいればどうにかなる」いつもの甘い考えで、またもや同行させてもらうことにした。
ということで2006-7の年末年始は、GW同様身分不相応!なエリアに足を踏み入れて
しまいました

2006/12/30~2007/1/2
mem:Sおじさん・shimo
大寒気のため日程を1日ずらした。雪はかなり積もったんだろうか?
急遽購入したワカンの出番か?(またもやブッつけ本番)
夕方都内を出て、その日は新たな快適ビバ地を開拓。

12/31 葛温泉-七倉-高瀬ダム-唐沢岳幕岩畠山ルート(2P目までfix)
車を葛温泉に停め、車道とトンネルを延々高瀬ダムまで歩く。
積雪はほんの僅か、気温も高め。あの寒気は何だったんだ???
ダムまで来ると、ようやく唐沢岳幕岩が見えてきた。すげー壁だ…
何しろ初唐幕である。夏に登ったことすらないのに、いきなり畠山ルートなんていいんだろうか。
いいわけねーよ無理だよ!、と自分で参加表明しておきながら、
日が近くなるにつれて何度も思った。


写真でしか見たことのなかった壁を実際に見て、更にビビる。
河原沿いで積雪が膝下くらいになった。雪が重たい・・・春の雪みたいだ。
ここから慣れない雪歩きで案の定フラフラしながらのアプローチになり、
足が沈む⇒這い上がるのに疲れる⇒またフラつく⇒転ぶ、を繰り返す。
早くもひとり全身ズブ濡れ&雪まみれ

最初の核心は、アルミ梯子のかかった堰堤。
梯子までの5mは堰堤の壁沿いに細い丸太が2本。
しかもビミョーに水に沈んでる
これもきっと誰かが運んで渡してくれたに違いない。
滑ってドボン!だけは絶対やってはいけない。登攀前に靴が濡れたらお終い。
かなり緊張しながらしなる丸太を渡り、梯子を登った。

続く核心は、なんと言っても金時の滝(の巻き道)。急登なので、ここからバイルを出してダブルアックス。
<金時の滝>
karamaku002.jpg

<巻き道(これは帰りに撮った写真であります)>
karamaku003.jpg

ここまでで体力の半分を使い、巻きで全てを使い果たした
恐るべし金時(の巻き道)。
アイゼンとハーネスを着けなかったことを後悔するも、時既に遅し。
最後の5m程がどうやっても上がれない。
FIXを掴む腕力も既に無く、下げてくれたユマールにしがみついても
登れない。最後はザックを引っ張り上げてもらって、ようやく上に抜けた。

もうヨレヨレヨレヨレ・・・
以後ワシ滝の登りも3歩登ってひと休みの状態。
あまりにブザマ
B沢に入って最後の難関。2人が作ってくれたステップを崩しまくって抜け、
予定を大幅に狂わせて昼頃に本日のお宿「神奈川の宿」に到着。

岩小舎は4畳程の広さ、頭をぶつけそうな高さではあるものの快適!
<ツェルトを張って我が家の完成>
karamaku013.jpg


目の前は今回のターゲット・畠山ルートの取り付きで、
唐幕の壁がド・ド・ドーーーーーンと立ちはだかる。
すごい迫力に、口がポカーンと開いたまま。
karamaku004.jpg

<下部の大ハング。広島や京都、山嶺第一などの名だたるルートがひしめく>
karamaku006.jpg

<ルートを見つめるSおじさん。戦闘モードに入りました>
karamaku005.jpg

準備して1・2ピッチ目のFIXにとりかかる。
予想とは裏腹に、壁全体にびっちりと雪が貼りついていた。
嬉しい誤算は、1ピッチ目のスラブが雪壁になっていたことらしい。
雪が無いとかなり悪いスラブだと聞いていたので、ちょっとホっとした。
1ピッチ目はダブルアックスでワシワシ登る。
<1P目途中から振り返ると我が家からのトレース>
karamaku007.jpg

潅木でピッチを切り、2P目は岩を右へ回り込んで人工のピッチへ。
ところが、雪でピンは埋まっていた。
雪だか氷だか草付きだかわからん壁を、バイル滅多打ちして登った。
まるでモグラ叩きしているようだよ。
ランニングとらず(とれない)に登るSおじさんは凄いの一言。
<2P目出だし>
karamaku008.jpg

<ここからモグラ叩き開始>
karamaku009.jpg

2P目を下部ハング帯の左端で切ってFIX、そして懸垂で降りる。
天気は始終良く気温も高かった。グローブは替えてもすぐにビショ濡れになり、
予定が狂った。こんなはずではなかったぞ??
<B沢を詰めると左方ルンゼへと続く>
karamaku010.jpg

<北葛岳とかかな?>
karamaku012.jpg

岩小舎に戻り、明日の健闘を誓って宴会。
気温は夜も大して下がらず、ツェルトでも快適(暑いくらい)。

さぁ、明日はいよいよ・・・緊張よりも疲れのお陰で爆睡。
スポンサーサイト
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
今季初アイスクライミング 南沢大滝
2006-12-24 Sun 23:14
この日は南沢大滝へ。
果たしてどれくれい凍っているのだろうか・・・
小滝との分岐から、ゼェゼェしながら登り詰めると大滝の全容が見えてきました。


これまたちっちぇー。登れる状態なんでせうか???
3回目の南沢大滝、今までは左右にドドンと広がった大滝しか見たことがありません。

xmasice5.jpg

Sおじさん、登れるかどうか、とりあえず行ってみますとのこと。
細いツララの集合だと、アックスやアイゼンを打ち込むと崩れちゃう
らしいし、最悪滝ごと崩壊!ってことになったら大変。
初心者にはそこらへんの判断がわからない。
ガッツリ凍った滝か、誰かが登った後にしか登ったことが無いので、
こういう状況で自分がトップだったら・・・と思うと怖い。
フォローしながらでも普段から判断力養わないと。
<いよいよバーチカル部分に突入>
xmasice6.jpg

Sおじさん、バーチカル部分を気合入れながら無事登りきった。
見ている方も緊張、抜けた時はホっとした。

やっぱすごい。。。

<ここから真ん中より左にラインをとっていた>
xmasice7.jpg

過去、この取り付きで待っていると底冷えが激しく、
じっと立っていられなかったが、今回はジンジンと冷えてくるものの
明らかに楽チンである。
やはり今冬は暖かい・・・これじゃ西上州方面はかなり先に
なるのかな。
<北アや中央の山が綺麗に見えた!>
xmasice8.jpg

SおじさんにTrを張って貰った後は、総勢10名が交代で
ワイワイと時に野次いれながら登った。
貸切なので他の人に気兼ねなく出来たのが良かった良かった
さて、張り切って登ってみるとやはりバーチカルはキツイ!
下段のナメは気持ちよ~く、アックスとアイゼンの感触を確かめながら
登り、中段は部分的に被ってくるけど氷がしっかりしてるので
これまた気持ちいい。ここまでは腕力セーブを心がけ、
呼吸を整えながらを意識してみた。

で、最上段。真下から見上げると、やっぱ立ってる・・・
深呼吸して中央より左寄りのラインをとった。
出だしの数手は、穴にアックスをひっかけながら。
打ち込まないと腕力使わずに済むので楽。
足は・・・あまりよく刺さってない気がする。
真ん中あたりで腕が張り始め、何度か腕を休ませたりしないと
次が出せなくなってきた。
一定の間隔で休みを入れるようにしてリズムを作り、
フィフィを使わずに何とか上まで抜けられた!
ちょっと嬉しいなぁ。
ただTrの安心感の下、ってのが大きいんですけどね。
リードでスクリュー入れながら、リズム作ったり体振ったりは
やっぱり難しい。今季中に南沢大滝がリード出来たら
思ってるけど、果たして?
最上段はツララの集合体みたいな感じで、脆かった。

この日久しぶりにアイスをやった丸さんの登りを見て思った。
丸さんの装備は、カジタのスペシャリストⅡに横爪アイゼン。
最新ギアをお世話になっているこちらとは、雲泥の差だと思う。
でも丸さんの登りは、安定してるの何の!
週に2回はジムに通い、コンスタントにイレブンは登っているし、
今までのウン十年の山暦だからこそなせる技!
スルスルと登り抜けていった。ちょっと感動しちゃった・・・
フリーは大事ですね。いかん、全くやってないよ。

xmasice9.jpg

xmasice99.jpg


14:00頃撤収して下山。鹿の湯であったまって、ほうとう食って帰京。
渋滞も無くて、サクっと21:00に家に着いた。
宴会付でワイワイ大勢でのアイスクライミング、楽しかった~。
皆さんお疲れさまでした!
別窓 | 山・Climbing | コメント:2 | トラックバック:0
今季初アイスクライミング 南沢小滝
2006-12-23 Sat 22:12
2006-7Sおじさんの男塾アイス編開講!

去年とうって変わって暖冬の気配ムンムン。
待たされ続け、ようやく
『今季初アイスクライミングin南沢大滝・小滝、でもメインは赤岳山荘で大宴会だぜぃ?!
&カリックさんmy gearデビュー&フクちゃんアイスデビュー』の巻。

12/23(sat)
小淵沢道の駅で大爆睡の仮眠後、全身からヤル気オーラ炸裂の
カリックさん・フクちゃんと合流、一路南沢大滝・小滝へ。
今回特別ゲストでブッシュから麗しの2名も参加です。

明らかに去年より積雪が少なく、美濃戸から先つづら折りの急登を
過ぎた頃から雪山らしくなる。

南沢小滝に到着すると・・・・・・


ち、小さい。。。


中央から左は下まで届いておらず、幅が半分くらい?
昨年の事故の時お世話になった、カルパッチョのお2人が
いました。あの時は本当にありがとうございました
ご挨拶して準備、Sおじさん氷を目の前にしていても立っても
いられないご様子で、

「ビレイお願いしますよ」


「はいはい、ちょっと待ってください」(モソモソと準備)


ん?ガシガシ音がする?
oh!まだ確保してないのに登り始めてる

SおじさんにTrを張ってもらい、交代でワイワイと登る。
怖いけど、久しぶりのアイスは楽しい!
錫杖でボロボロになったNaja男君をバシバシ叩き込む。
(本来ひっかけ系のアックスらしいのだが)

<カリックさん(左)my gearデビュー戦はどうでしたか?>
xmasice1.jpg

<アイス初体験のフクちゃん>
xmasice2.jpg

<新型Najaを買ってヤル気充分ブッシュのKさん>
xmasice3.jpg

<とにかく本数こなすお二人>
xmasice4.jpg


15:00頃撤収し、赤岳山荘へ戻る。後発隊は3時過ぎに着いて、
既に飲んだくれてた
山荘には久しぶりにお見かけした『本官』さんもいて、
夜はクリスマス宴会。明日は南沢大滝へ・・・続く。
別窓 | 山・Climbing | コメント:4 | トラックバック:0
錫杖岳左方カンテ2日目
2006-12-17 Sun 19:27
錫杖岳左方カンテ2日目はam3:30起床(もちろんビリ起き)、5:00岩小舎出発。
小雪がチラつく。

1~3ピッチ目は前日張ったFIXをユマーリング。
慌てて買ったユマール、練習したのは3年程前の1度きり。
(舐めとんのかっと怒られても仕方ない…)
今回はロープを4本持って行き、1P目と2~3P目を繋いで各2本
張ったので、同時に2名が登ることが出来る。
なのに、やっぱり時間かかっちゃった。
ユマーリングの動作は割とスムーズに出来たと思う。
だけど力を使い過ぎ、ちっとも体力温存になってない。
結局3P目でヨレヨレになり、前日力尽きたところで大休止。
終了点に着いたのは8:30であった。かなり足を引っ張った・・・
(2~3P目を繋いだけど、ルート通りにラインをとったので右壁は
直登していません。直登だったらもっと時間くっただろうな)
<4P目のチムニー>
PC170839.jpg

いよいよ4P目のチムニーへ。この頃には気温も下がり、雪も
かなり降ってきた。
Sおじさんがチムニーに突っ込む。確実に高度を上げていくのを見ても、
大変さが伝わってこない。夏にリードした時、
「冬は辛いだろうなぁ、このピッチ」と思ったのは覚えていた。
登ってみると案の定、






ありえねぇ~っ
sumireちゃんの名言に「まるでサーカスよっ
ってのがあったけど、「まるでシンクロよっ」の状態に陥る。
人間チョックストーンになりそうでした
上からはスノーシャワーがバンバン落ちてくるし、
チムニーの抜け口はホールドもスタンスも無い(と自分には思えた)。
おまけにA0したくてもピンも無い(泣)
狭いチムニーでは脇に携帯したアックスも取り出せず、かなり難儀
いたしました。
<5P目出だし>
PC170845.jpg

次はフェースの人工。天気が更に悪くなり、寒い。
汗が冷えて手先もビリビリしてきた・・・
ピンが遠めのところは、shimoがお助けでスリングを垂らしてくれたので
比較的楽に登れた。感謝であります。。。
スラブから右へフリーで乗り移るところが怖かったのと、
その後、大テラスまでも気が抜けなかった。
<核心ピッチ出だし>
PC170849.jpg

大テラスで栄養補給して、核心の7P目へ。
ところが中盤左壁に移るところで行き詰まりました。
クラックの中でギア(大きめのカム)が無いとのことで、ここで敗退決定。
時間は13:00頃でした。
ここまで来れただけで、お腹一杯の我は悔いナシです!
<この先で敗退>
PC170851.jpg

<幻想的で見とれてしまった>
PC170853.jpg


さっさと懸垂、岩小舎に15:00頃戻りラーメンで暖まった後下山。
駐車場には17:00頃着いた。(帰りの渡渉はマジ緊張)


さて、越沢アイゼントレ祭りの成果は・・・満足のいくものではなかった。
でもやっていなかったら、もっと悲惨だったとも思う。
家に帰り丸まった刃のアイゼン見ながら、
満足いかなかった⇒もうちょっと上手くなれるってことだと
前向き(お気楽)に思うことにしました。

Sおじさん&shimoお疲れさまでした&毎度のことながら本当にありがとう!!また次もよろしくです。


【今後の要検討事項】
・グローブ(色々試してみるものの、まだコレだ!ってのが見つからない)
・アックスやアブミの携帯(取り出しが上手くいかない&足に引っかかる)
・汗対策(ド汗っかきなので、アンダーと中間着改善かなぁ)

別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
錫杖岳左方カンテ1日目
2006-12-16 Sat 22:55
アイゼン祭りの集大成で、錫杖岳左方カンテへ。
「冬壁」と呼ばれるルートは初めてであり、
出発前から緊張しつつも頼もしい2名が一緒なので、楽しみの方が大
果たして祭りの成果は・・・

日程:12/16-17
mem:Sおじさんとshimo

前夜は新穂高温泉BTの待合室で仮眠。床暖房付で超快適
翌朝6:00に起きて準備、槍見を7:30に出発。
<快晴!この景色見れただけでもいい…と思った>
PC160806.jpg

電話ボックスから登山道へ。
5分も経たずに2人から脱落、長い一人旅が始まる。
それにしても荷物が重い・・・
(勿論共装のギア・テントは持って頂いております)
「山」は9月の幽ノ沢以来、テント泊に至っては8月の錫杖以来。
やっぱりゲレンデばかりはマズイ。普段から「山」やらないと。。。

渡渉地点まで積雪無し、渡渉後に時折膝下くらいの雪。
9:30過ぎにクリヤ谷岩小屋着、岩小屋前の谷は雪で埋まってます。
この日はまるで3月のような陽気で、汗だく
<おぉ!錫杖岳の前衛壁!>
PC160809.jpg

登攀準備し、取り付きへの急登でまたもや汗だくだく。
膝上くらいの積雪だけど、トレースがあるので楽でした。
<振り向けば北アの山並みが…>
PC160811.jpg

左方カンテ取り付きでは先行Pが登っていた。
ギアを付けて、11:30いざ開始。よろしくお願いしまっす!

PC160815.jpg

1P目、出だしのチムニーから「???」、抜けても何だか悪いんですけど。
初っ端からこんな状態で大丈夫か?と不安になる。
<1P目終了点から見上げる2P目>
PC160820.jpg

<2P目もこれまた厳しかった>
PC160822.jpg

2P目、夏に登った時印象の薄かったこのピッチも、
冬はまるで別であった。違う・・・あまりにも夏と違う!
頭の中では理解していたつもりだが、甘かったことを再認識。
「夏の記憶は参考にならん」
(記憶がすぐ無くなっちゃう○ッキーさんは別ね
アブミ使って抜けるが、冬装備でのアブミは辛い。
慣れてないだけに腕力を吸い取られた。
しかも右壁からは水が元気良く流れ、ズブ濡れ・・・
<2P目終了点で>
PC160824.jpg

<2P目終了点直下。雪慣れしていない自分には、不安定に乗った
新雪が怖かった>
PC160826.jpg

<3P目開始>
PC160831.jpg

ビレイ点で暫しの待ちの後、3P目開始。
Sおじさんの登りは早い。淡々且つ確実に登っていく。
さて自分の番。人工からフリーへ移るところで力尽きた。
あ、上がれまへん・・・左上のガバにしか目に入らず、
何度かスタンス変えたりしたものの上がれない。
右のホールドに目標を変え、全身の力振り絞って這い上がり、
その後もバランス悪い体勢でようやく終了点へ辿り着く。
かなり時間くっちゃいました。
<先行Pは4P目へ>
PC160833.jpg

我々は今日はここまで。FIXを張ってそそくさと下降。
夜になっても冷え込みは大したことが無く、外で手袋無しで宴会が出来るほど!
キムチ鍋で爆笑しながら楽しい時間を過ごせました。
やっぱ山の中での宴会は最高。(酒飲めねぇけど)
ipodのスピーカーから流れるSarah Brightman聞きながら就寝。
夜の間も暑かった・・・冬じゃねぇな、こりゃ。

別窓 | 山・Climbing | コメント:11 | トラックバック:0
またまたまた越沢アイゼントレ
2006-12-10 Sun 23:33
いつまで祭り???
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
ダメだこりゃ・・・アイゼントレ祭りの終焉
2006-12-04 Mon 23:12
「越沢でアイゼン」これは立派なクライミングの
ジャンルとして認知すべきだ!
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
The Thrill GREAT ADVENTURE 2
2006-12-01 Fri 22:40
今年3度目のThe Thrill
今回はゲスト盛りだくさんのパーティだった・・・うひっ。

"GREAT ADVENTURE 2”
2006-12-01(Fri) at Shibuya O-EAST
Start 7:30pm

P506iC0005767189.jpg

The Thrill GREAT ADVENTURE 2の続きを読む
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:1
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。