The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
広沢寺~今さら?いやいやきっと効果あるって~
2006-04-30 Sun 19:31
道の駅を6:00過ぎに出て、今日は厚木まで。
数年ぶりの新人"えみちゃん"と、初顔合わせで広沢寺へ。
若ギャルと聞いてるので、オバちゃん緊張気味。
会話できるのか???

えみちゃんは想像どおり、若かった。
でも会話は成り立った。(と思う)
まだまだイケるんじゃないか?あたし。
クライミング3回目のえみちゃんと、初めてのいちはさんと3人で
広沢寺の簡単なところを登り倒す。
いい加減自分は疲れてきた。でもえみちゃんは満面の笑みで、
「次どこ登るんですかっ?!」と聞いてくる。
となると、オバちゃんつい頑張っちゃう。(でも更に疲れる)

<眩しいくらい嬉しそうに登るなぁ>
P4300458.jpg

<初懸垂のいちはさん、GJでした!(よろけ具合最高です)>
P4300456.jpg

P4300459.jpg

最後にGWの剣尾根R4対策で、アイゼントレを1本。
初めてモノポイントで登ってみた。
違いは…よくわからん。こんなんで行けるんだろうかR4、
と不安になりつつ撤収。

帰りは国立のジョナサンで安村家と晩ゴハン。
いちはさん、2日間付き合ってくれてthanks!
えみちゃん、また行こうね。
スポンサーサイト
別窓 | 山・Climbing | コメント:6 | トラックバック:0
表妙義縦走(途中敗退)
2006-04-29 Sat 22:29
西上州でずっと気になってる山「妙義山」。
このGW、新しい相棒「フィル駄君」のデビュー戦に
丁度いいかなと挑戦してみた。

当初は一人で行くつもりが、急遽いちはさんが参戦。
前夜道の駅で仮眠、翌朝8:00に妙義神社駐車場スタート。

<参道の階段登って、神社で無事の祈願>
P4290434.jpg


大の字までの登山道は整備されてて、気持ちよく歩けた。
最後に崩れかけの直登があるくらい。
<いい天気だー>
P4290435.jpg

<大の字を裏から>
P4290436.jpg

大の字で念のためハーネスだけ付けた。
しばらく歩くと、鎖のある岩場出現。上は数mのトラバース。
P4290438.jpg

またもや鎖の岩場。これを越えると、稜線に出た。
P4290439.jpg

<おぉ~っ、いい眺め!>
P4290441.jpg

<奥にうっすら見えるのは裏妙義?>
P4290442.jpg

稜線にも鎖がついた岩場が適度に出現し、
とても面白かった。
P4290445.jpg

<こんな門もくぐったり>
P4290450.jpg

相馬岳の頂上で大休止。ここでとても楽しいご夫婦に遭遇。
やたらにテンション高い奥さんと、コケにされつつ
耐える(?)旦那さん。
「あたし初めてハーネスつけるのよぉ!ねぇ、これどうやって
付けるの?」と旦那さんに聞かず、こっちに聞いてきたり。
「夏にね、西穂から奥穂の縦走に申し込んじゃったの!
だからね、やるしかないの!」と異様な張り切り。
以後バラ尾根も一緒になり、笑いが絶えずツボに入りまくった。

バラ尾根になると、道が悪くなった。足元もあまり良くない。
堀切に着いた時間も遅くなり、中之岳神社に抜けるのは諦めた。
<顔出しNG?!>
P4290451.jpg

とりあえず鷹戻しまで行って堀切まで戻り、中間道へ下り
駐車場に戻ったのが17:00。一ヶ月ぶりの山、心地よい足の疲れ。
神社裏にある「もみじの湯」で汗を流し、お蕎麦食べて
またもや道の駅で泊。。。

そうそう、絶対リベンジに行かなきゃだね。


別窓 | 山・Climbing | コメント:2 | トラックバック:0
よたび、越沢
2006-04-01 Sat 22:57
新しい越沢体験(別名:激悪とでもいうのでしょうか…)
奥深い、奥深すぎるぞ越沢。

この日も越沢。ここほど怖い岩場は無いけど、何故か好きだったり
する不思議な岩場。御大は今日どこ登るのだろう…

2スラには先行Pがいた。
「どこ行きます?」
「先行がいますねぇ。それでは左のほうから行きましょう」
(ゲっ、そこ登ったこと無いよ…)
名前だけは聞いたことのあった”立川バイパスルート”の
取り付きから、左上してから右へ回り込みテラスへ出るルート。
「反省ルート」というらしい。(巨神兵殿、情報thanks!)
右へトラバースするところが悪そう…
P4010464.jpg

トラバースは見た目以上に悪かった。迷わずA0こいた。
ここまでも岩はボロボロ、足を置いた途端崩れるし泣きが入る。
P4010466.jpg

テラスで御大から「左ルートをリードしてみますか」と
言って頂き、タップリと時間かけ(またもやA0こいて)登る。
懸垂でテラスへ戻ると、御大の目は蜂ノ巣ハングを追っていた。
ハングを人工で登るために、支点のチェックがしたいらしい。
左ルートと2スラの間を登って、蜂ノ巣ハングへ行くつもりだ。

出だしは腐ったピンが1本見えただけ。
そのまま登っていく御大を見送るが、蜂ノ巣へ行こうとするも
あまりの悪さに諦めて左の方へ。
数少ない越沢通いとはいえ、この数年でこんなとこ登ってる人
見たことないぞ、と。
P4010492.jpg

フォローで登ると、そこには気持ち良さそうな岩が。
(後に騙されることに気付く)
確かに出だしは面白かった。
御大が右へトラバースすると「うーん・・・」という声が。
???と思いつつ自分も登ったら、そこは「激悪」という言葉が
ピッタリであった。紛れもなく自分が今まで登った中で、
脂汗全開率No.1だった。(数少ない経験の中で、だけど)
P4010473.jpg

上に抜けるとヘロヘロ・ヨレヨレ。落石を落としまくって
しまいました。
その後は滝下ハングで支点の整備。
人工の練習用にボルトを埋めてきましたが、
締める工具忘れたりで結局練習できず。
(支点は後日ちゃんと整備したとのこと)
P4010478.jpg

早くここでアブミの練習したいなぁ。
P4010485.jpg

こんなリングに体重預けるのはロシアンルーレットみたいだ。
P4010489.jpg


帰りは淳さん達と駅前の釜飯屋で軽く打ち上げして帰宅。
ほんと1日お疲れさまでした。
別窓 | 山・Climbing | コメント:8 | トラックバック:0
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。