The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
谷川敗退→しつこく越沢バットレス
2006-03-26 Sun 22:36
懲りずに谷川チャレンジ。
菅原御大・shimockと幽ノ沢の中央ルンゼ狙いで、土曜昼に所沢出発。
前日から緊張し続け「ワタシ、大丈夫ですかねぇ」と聞くと、
「んー、条件が良ければ大丈夫でしょー。楽勝と思って
るんですけどねぇ」と御大。楽勝なワケがない…

谷川敗退→しつこく越沢バットレスの続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 山・Climbing | コメント:4 | トラックバック:0
再び越沢バットレス
2006-03-21 Tue 20:16
春の新装開店!いらっしゃいませ「○M倶楽部」へようこそ
※あまりに遅い更新に記憶が…

この日はクルマ自爆から立ち直るため、花粉症の女王様にお願いして
またもや越沢。急遽新規のお客様「フクちゃん」をお迎えして、
行ってきました。
1本目は女王様久しぶりのフラットソールで2スラへ。
フクちゃん余裕ぶちかまし。
P3210437.jpg

P3210442.jpg

朝はテンション低めの女王様、1本登ったらエンジン全開。
「次どこ行く?鋸?どこでも行くよ!」
フクちゃんが1P目をリードして、鋸ルートへ。
P3210445.jpg

女王様余裕こきまくり。強ぇ~っ。
フクちゃん、ここはちょっとキツかったねぇ。
P3210450.jpg

フクちゃん苦渋の顔…ガンバだ。
P3210454.jpg

お次は右ルート1P目をハングから。
もう誰にも止められない女王様。
そしてお約束の青梅ベルクハングを人工で。
フクちゃん、アブミ初体験。
P3210456.jpg

○M倶楽部はいかがでした?ちーママとしても
気になりますわ(↓反省ザルみたいだ
P3210463.jpg

別窓 | 山・Climbing | コメント:4 | トラックバック:0
悪運づいてるなぁ・・・
2006-03-19 Sun 12:29
快晴の東京。なのに広沢寺は・・・

自爆して東京に戻る途中、shimockから「明日どーすんですか?」と
電話をもらい、「んなもん考えてねぇ」と思いつつ、
このまま週末が終わるのも大変に悔しい。
ありがたくお願いして、午後から広沢寺に行くことに。

予報では午前中で、午後から回復とのこと。
ならばアイゼントレが出来るじゃない!
起きたら気持ちいい青空が広がり、これだったら午前中から
登れたなー、などと思いながら待ち合わせ場所へ。
府中本町駅下りるといつもの習性で競馬場へ向かって歩いてしまい、
慌てて戻る。

厚木へ向かうと段々と雲が厚くなり、黒々しております。
「うーん、何だこりゃ」
市内に入るとポツポツと雨が降り始める。
それでも一時的だろう、と楽観的に思ってた。
岩場に着く頃には雨雲はドップリと上空に広がり、
ギア付けて登り始めた途端に土砂降り。
はいはい、即撤収。

一体どーなっとんのじゃ、あたしの運勢!!!
別窓 | 山・Climbing | コメント:4 | トラックバック:0
自爆・・・
2006-03-18 Sat 12:01
雪の西黒尾根を行こうと意気揚々と自宅出発。
金曜の夜11時近かった。
高速を水上ICで下り、一般道をスキーセンターへ走る途中で
アクシデント発生。

路面に雪は無く、巻いた水が凍ってないかと気をつけた矢先、
後輪がスリップ!「あれっ?!」と思った時は既に遅し。
ハンドルから手を離し、あとはなすがままに道路脇に積まれた雪に
突っ込んでしまいますた・・・
愛しのmyブル君、動いているもののバンパー下から乗り上げる
ようにぶつかり、ボンネットがへしゃげた

「はぃはぃ撤退ですよ」Uターンして高速に乗り、一路東京へ。
スピード抑えて走ってると突如ボンネットが、
「ゴヮーンっ」
と跳ね上がり、ジ・エンド。諦めて、レッカーのお世話に
なりました。

以後前橋に住んでるななえの世話になり、レンタカー借りて
家に戻ったのは翌日の夜8時。
長い長い1日が終わった…

あぁーん、ブル君本当にゴメン。。。
別窓 | ぼやき | コメント:0 | トラックバック:0
越沢バットレス
2006-03-12 Sun 15:10
with 御大・丸さん・ゆうこさん

雪の谷川デビューになるかもしれなかった週末。
生憎の天気で、実現しなかった。
で、11月のアイゼントレ以来の越沢に転進。
アイゼントレにしようかと考えたが、広沢寺でのお粗末な結果を反省し、
フリーと人工の練習に徹するぞ、と。

1本目・・・第二スラブ
久しぶりの<苦手>1ピッチ目。フォローなので、かなり気が楽。
2ピッチ目をリードし、3ピッチ目は左コーナーをフォロー。
御大はアイゼンでリード。やっぱすげぇ。

2本目・・・一般ルート
懸垂で天狗の踊り場まで下りて、2ピッチ目から。リードする。
アイゼンじゃないとはいえ、気が抜けなくて怖い…なんだかなぁ。
3ピッチ目をフォローで登って懸垂後、ひと休み。

3本目・・・一般ルートの1・2ピッチ目~青梅ベルクハング(人工)
1ピッチ目はⅢ級ルートをリード。来年こそココをアイゼンでリード
したいっすよ。2ピッチ目はアイゼンの御大が直上。
さて、これまた久しぶりの人工登攀。
「必殺チョンボ棒3号」を従えて、1年ぶりに青梅ベルクハングに
トライしてみますた。
<持ち運び時の3号>
P3160434.jpg

<びよ~んと伸びるんだフォー!>
P3160435.jpg


2本目から3本目までが遠く、アブミ(BDの5段モノ)の2段目からじゃ上のピンに全く届かない。
最上段に乗るのがヘタなのと、体が上手く伸び上がってないのも原因。
早くも3号登場かと思ったが、なんとか自力でとりたい!
何度ももがき、ようやく届いたのは、かけてあったカラビナだった…
まだまだ修行が足らない。これから越沢に来る時は、最後に人工をやって
帰ろう。。。

皆久しぶりの越沢を堪能し、帰りはいつもの御岳・東峯園で軽く宴会やって
お帰り。
別窓 | 山・Climbing | コメント:2 | トラックバック:0
広沢寺清掃集会&アイゼントレ&思い出したくない1本
2006-03-05 Sun 20:23
今年も清掃集会。70名程が集まり、岩場周辺のゴミ拾いと
紅葉の苗木を植えた。
ゴミは登山者が捨てたと思われるものよりも、不法投棄の粗大ゴミの
方が圧倒的に多かった。タイヤあり、マネキンの首あり(怖っ)、
家電モノ…毎年拾っても拾ってもまだ出てくる。
終了後は地元の方から豚汁をごちそうになり、午後は岩場へ。

清掃集会後とあって、岩場は大混雑。
空いていた左ルートをトップは靴を新調したshimock、岩場デビューの
カリックがセカンド、最後に自分が登ることに。
カリックは普段人工壁で登っているので、ムーブは手慣れた感じ。
ただスタンスが人工壁と岩じゃ全然違うので、新鮮に感じていたよう。
足がミシンを踏んでいる姿を見て、自分の岩場デビュー日を思い出した。
(明らかにもっと酷い状況だったけど)

最後は淳さんも交えて、岩場の上部でフリー。
3ヶ月近くまともに登ってなかったので、5.10aのルートは
「核心」で落ちるだろうと思っていた。
、核心どころか出だしの部分すら越えられず(今までここで
落ちたことは無い)、
地底奥底まで凹んだ…またもや出直し

帰りは美味しぃ焼き鳥屋に寄って帰宅。
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
誰もいない意味が・・・雲竜渓谷
2006-03-04 Sat 22:50
ぶな英さんと。急に暖かくなり、アイスシーズンも終わりかなと
思っていた矢先、雲竜瀑に未練タラタラの英明さんに説得?されて、
日光・雲竜渓谷に向かう。

早朝の車中、異様にテンションの高い英明さんは「すんごい滝なのよ」
「雲竜瀑がダメでも他の氷柱は大丈夫!」「観光客もいっぱいだよ」
と喋りまくっていた。こちらはアプローチ確認とリハビリハイキングの
つもりだったので、反応は流し気味
この暖かさじゃ登るのは無理のような気がするー・・・

東北道は事故で佐野藤岡ICで下ろされた。下りる渋滞で1時間半、
栃木ICで乗り返すのにまた1時間、日光有料道路で清滝まで行ってしまい
雲竜渓谷入り口のゲートに着いたのは11:30を過ぎていた。
ここから2時間のアプローチ、仮に雲竜瀑が登れる状態としても
何せ登るのが遅い2人、懸垂で下りる頃には日没確定です。
しかも、何故かこの時間にクルマは1台も停まってない。
ってことは、明らかに凍ってないんじゃないかな?
それを「今日は貸しきりで登れる!」と喜ぶ人、約1人。

ゲートからは林道をひたすら歩く。北側は凍結してるものの、2時間程で
渓谷入り口に着いた。当然誰もいないわけで、閑散としたもの。
un01.jpg


両側に垂れ下がる氷柱は、湯川みたいで見応えがある。
だけど、いくつかヨコに亀裂が走ってたり上部がドロドロで、
登る気にはなりませぬ。
水流も多くなっていて、渡渉は川に入るしかなかった。
これでプラブーツはズブ濡れ&冷え冷え。

un02.jpg


肝心の雲竜瀑は……予想どおり無残。下部にダラっとした氷があるだけ
でした上まで凍ったら、大きい氷瀑になるんだろうなぁ。
で、登れそうな氷のライン↓。
un03.jpg

ただ、上が溶けておりリードで登るのはちょっと…
かといって斜面を巻いてTr張ったら15:00過ぎちゃいそうなので、
潔く「英明さん、帰ろう!!」と無理矢理連れて帰ってきました
そしてまたもやズブ濡れで川を渡り、帰路につく。
un04.jpg

<足取りのかなり重い人>
un05.jpg


どうりで観光客が1人もいないはずでした。是非来年リベンジしましょう。
これで今期のアイスは終了。また来年です。
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
広沢寺清掃集会
2006-03-03 Fri 23:17
3月5日(日)に、丹沢・広沢寺周辺で清掃集会があります。
岩場周辺のゴミ拾いだけでなく、地元の里山作りのお手伝いとして
伐採した竹の切り出し等約2時間程の予定です。

午後はハイキングで鐘ケ岳へ足を延ばすもよし、
岩場でクライミングするも良し!(混んでるけど)
さっさと温泉入って一杯ひっかけるのも、また良し。
日頃広沢寺にお世話になってる人も、
そうでない人もお時間がある方は是非。

朝9時頃から受付ですが、飛び入りでも全く問題ないです。
アクセスは小田急線・本厚木駅からバスがあります。
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。