The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2006 SKI ブランシュたかやま②
2006-01-29 Sun 19:57
スキー2日目。全員お揃いで記念写真。
(去年とメンツもウェアも変わらないので意味が無い)
fb32.jpg


この日も快晴、何本か滑った後に因縁のエア台へ行く。
236c.jpg

ブランシュにはちゃんとしたモーグルコースと、エア台がございます。
エア台はラクダのコブのような、大きな台が2つ続けてあるのだが、
去年の半分くらいの大きさになっていた。
去年飛んだまっ逆さまにダイブしたのが最後だったので、
その時の記憶が鮮明に蘇ってきてしまい、並ぶのにさんざん躊躇した挙句
「ここで一発やらんでどーする!」と意を決す。

いざ自分の番になると・・・「ひょぇ~、やっぱ怖ぇ」
去年よりコブは小さいけど、スタート位置は同じ。
ってことは登りが少ない→スピードが落ちない→派手に飛び出す。
しかもてっぺんは滑らかというより、飛び出すように
なってるじゃねぇか。そりゃマズイ。
スタート位置を勝手に下げて、超ボーゲンでノロノロとスタート。
「あぁぁぁぁ、とととと飛び出ちゃうよ~」
そう思った矢先、大方の予想どおり登りの途中で停止しちゃった・・・
こ、このままでは後ろに落ちるーっぬぉぉぉぉ~と踏ん張り、
なんとか頂点に到達。そこから飛び出し部分をまたいで降りた。
「いや~去年以上の笑いはとれてないねぇ」と思ったけど、
レストランでDVDを再生してみたら・・・かなり面白かった。
名監督編集のもと、今年はどんな作品になるのか楽しみっす。

6375.jpg

昼過ぎまで滑って上がり、お土産買って帰京。
今回も笑いっぱなしで楽しかったです。
そして帰りには名幹事お約束の、

「家に帰るまでが旅行です。皆さん気をつけて帰りましょう」

スポンサーサイト
別窓 | ENJOY! | コメント:4 | トラックバック:0
2006 SKI ブランシュたかやま①
2006-01-28 Sat 19:49
今回のテーマ
<マユ車ステッカーより>
zasetu.jpg

2006 SKI ブランシュたかやま①の続きを読む
別窓 | ENJOY! | コメント:0 | トラックバック:0
一生するかどうかは・・・
2006-01-25 Wed 20:02
部長が北海道に出張すると聞いて、
「んじゃ帰りにお土産買ってきて」と頼んどいた。
指定は「水曜どうでしょうグッズ」。。。
一生するかどうかは・・・の続きを読む
別窓 | ぼやき | コメント:4 | トラックバック:0
無念・・・千波の滝
2006-01-22 Sun 19:12
御大・タッキー組の千波の滝に便乗。
今まで登った最高グレードがⅣ級そこそこなので、初のⅤ級。
どんな感じなんだ?Ⅴ級って。

前夜は恒例駅ビバ。新たな「別荘」開拓に余念が無い御大、
甲府からちょっと離れた某駅に21:00着。
目の前にコンビにもあり便利だが、酒は売ってなかった。
1時間に1本の電車をやり過ごし、待合室の端でぷち宴会。

翌朝始発の音で起きると、駅員さんが「おはよーございまーす」と
挨拶してくれた。怒られるか?!と一瞬ビビってたので、拍子抜けした。
切符を買おうとしたおばさんも、「どこの山に行くんですか?」と
気さくに話かけてくるし、タクシーの運ちゃんも色々面白い話をしてくれた。
ここら辺に住んでる人は、皆温かいなぁ。
今後もご迷惑にならない範囲で、利用させてください・・・

7:00に駅を出て、千波の滝へ向かう。
僅か15分くらいで滝の見えるポイントに着いたが、
なんだか岩が露出してる・・・
遠めに見る滝の氷は薄くて、とても自分には登れそうにない。
御大も「条件悪いですねぇ。止めましょう」ということで、
転進。清里方面に向かい、色々捜したが気付けば西上州まで
足を伸ばしていた。

林道脇から遥か上に滝が見え、トポも無いけど行ってみるかと
藪をかきわけ適当に山に入った。
久しぶりにワシワシと道無き道を登りつめて、「あー、山ん中にいるー」
と思えた。当然の如く、2人から遅れをとりゼェゼェしながら登ると
小さな凍った滝に出た。巻きはかなり高巻かなきゃだし、偵察のつもりだった
ので、ギアも一切無かった。次にまた登りましょー、ということで撤収。
結局このまま関越で帰った。

千波は次の機会に。




別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
女優と飲む・・・
2006-01-16 Mon 23:37
21:00頃最寄駅の改札を出て、スーパーへ寄ろうかと思った矢先に
肩を叩かれた。「なーんかエラい疲れてますねぇっ!」
会社の後輩杉もっちだった。
地元で会うのは珍しいねぇ、なんて話してたところに
登場したのが、「女優」だった。

女優は1期下の入社で歳は同じ。3年半前に「芝居やる!」と会社を辞めた。
「えーっ?!ぎゃーっ!うそー!らくさーん?!」
杉もっちと忘れ物の受け渡しのために来たそうだが、
速攻で「飲み行こ!」となった。大泉学園駅南口といえば「厚岸」。
NEC_0048.jpg


大酒飲みの女優と前週スキーで肋骨折った杉もっちと、
12時過ぎの閉店まで暴れ、挙句の果てにウチになだれ込んできた。
爆笑の連続に、更に2~3本折れたんじゃねぇか???
「いやー、僕も三十路超えました~」と杉もっちが言えば、
うちらも歳とるわな・・・としみじみとする2名。
でもこの歳でアルバイトと芝居の稽古に明け暮れるアンタはすごい。

<やはり路線は「3」らしい・・・>
NEC_0049.jpg

相変わらずウダウダ悩んでは酒飲んで発散して、泣いて笑っての
生活らしいけど、逆に変わらないその破綻ぶりにホっとした。

勢いで「月例会にしよう!」と決まったが、果たして・・・
(毎回あの暴れようじゃ体力つけなきゃだ)
別窓 | ENJOY! | コメント:0 | トラックバック:0
湯川その②~がんばりました~
2006-01-15 Sun 23:49
朝起きると沈没者約1名。
天気は回復し、沈没者含め総勢10名で湯川へ。
<自分のクルマ出さずに済んで良かった・・・この道じゃ
大横転してたかもしれん>
P1150131.jpg


湯川に着いて、トップロープを2本上からかけてもらった。
いよいよバーチカルに挑戦。
その前に昨日登ったルートにトップロープをかけに、
今度はリードで登ってみた。ゴルゴ氏から「自分が行こうか?」と
言ってもらうと「うっ、やっぱ辞めようかな」と弱気になる。
が、このままじゃチキン野郎脱出にならない。
ので、やはり自分で行くことにした。何とか登れてホっとしたけど、
滝の落ち口(傾斜が変わる)は氷も薄くて怖い怖い。
おまけに上部は足元が泥でグチャグチャよ・・・

ここから3本のトップロープで、皆登りまくる。
<これはジャニーズ立川のタッキーのような・・・>
P1150151.jpg

<恐らく御大でなかろうかと>
P1150169.jpg

<初アイスに挑戦!のブッシュ・Kさん>
ちゃんとアックスも刺さってるし、上手かった。それにこの笑顔!余裕。
自分が初めてやった時は、まぐろの1本釣り状態だった気ガス。
P1150156.jpg

<もう誰だかわからん>
6ff2.jpg

<ブッシュのAuroraさん。そんな薄着で!アックスとアイゼン買う気に
なりましたか?>
P1150166.jpg

<さすが真打、沈没からの復活。途中お約束のリアクションありがとう
ございます。>
1b5b.jpg


ワタシは計5本登りますた。以前に比べれば、腕の力を抜けるように
なった気はするけど、まだまだ足使いがド下手。
それにトップロープだと大胆に動けても、自分がリードするとなると
途端に動きが小さくなります。精神力がまだまだ不足気味。
これは場数こなしていくしか無いようで。

一通り登った後はシャークに戻って後片付け。
東京へ戻り、上島ちゃんとこ寄って万豚記で炒飯を食いながら、
車中で柿ピーと海苔せんべい食ったことを後悔して週末のイベント終了。
皆さんお疲れさまでした&ありがとうございました。

※地元の猟師さんが言ってましたが、今年の氷結は例年にないくらい
立派だそうです。

別窓 | 山・Climbing | コメント:2 | トラックバック:1
湯川その①~雨かよっ!~
2006-01-14 Sat 16:51
菅原御大企画「湯川でアイス、でもメインはシャークで宴会?!」
またもや立川山岳会に混ぜてもらい、初の湯川へ。
予報では全国的に気温が上がり、雨
雪ならまだしも、雨とは・・・

が、とりあえず行くだけ行ってみた。
気が小さいので、クルマに乗せてもらう身で「出発10時で!」
とは言えず、朝6:30集合のため完全徹夜で家を出る。
(寝たら間違いなく起きれない)

須玉ICで降りて、R141のセブンで行動食買いに行ったら・・・
久本'sに会った。び、びっくり。2人とも忙しいみたいだけど、
今年もまた一緒にアイス行きたいねぇ。

R141から湯川沿いの林道を走ると、氷柱が見えてきた。
初の湯川、バーチカルの練習開始。
<まずはshimockに登って頂き・・・>
P1140111.jpg

<ダメな位置にバイルが・・・ロープの傍じゃん>
P1140115.jpg

<外岩すら登ったことのないのに初アイスのkarick(←合ってんのか?)>
それにこの人上手い・・・
P1140117.jpg

気温が高く、ジャケット着ると暑い。
氷の状態も柔らかめで、刺さりはいいけど見るからに溶けていく様は
ちょっと怖かった。湯川といえば「バーチカル」だけど、この日は傾斜の
緩いところで練習した。
P1140122.jpg


雨が結構降ってきたので、各自1本で撤収。
帰りはツルツルに凍った林道で、立ち往生してるクルマがいたり。
新聞で湯川の氷結が紹介されたらしく、一般の見学者がたくさん来てた。
クライマーさんは他に2組くらいしかいなかった。←雨だしねぇ。

松原湖駅で他のメンバーと合流、買出しして本日のお宿へ。
<夢のシャーク山荘!!>
P1150183.jpg


中はとても広く、薪ストーブもあって超快適。何故か今回食当になり、
「し、知らないよ~何が出来るか本人だってわかんないんだから・・・」と
思いながら、作ったこともない豆乳鍋を作ってみた。
御大は最後まで「まともに食べられるもの」が出来るとは
思っていなかったらしい。ってか、その場にいた全員そう思ったか???
で、宴会に突入。抱腹絶倒の連続で、もったいなくて寝れない
裕子サン、最高っす!!
が、さすがに12時頃死んだように寝てしまった
さて、いよいよ翌日は「垂直の世界へGo!」
P1140127.jpg

別窓 | 山・Climbing | コメント:4 | トラックバック:1
八ヶ岳その②
2006-01-09 Mon 18:52
<起きたら快晴!なのに・・・>
P1090100.jpg

寝てる間寒さは感じなかった。でも気持ち悪かった・・・
朝起きてたまらずトイレへ駆け込み、リ○ースこいた。
ダメだ・・・絶不調。
天気はド・ド・ド快晴なのに、なんてザマ。
P1090102.jpg

P1090104.jpg


「阿弥陀・北稜なら何も体調不良で行かなくてもいいよ、いつでも
来れるじゃん」と広瀬さんも仰っるので、潔く諦めた。
鉱泉のアイスキャンディーで遊ぶ万里さんのビレイしたりして
時間を潰し、ヨロヨロと下山開始。
カモシカ?がお食事中の横を通り、美濃戸の赤岳山荘でこの日初の
固形物でお汁粉を食べた。
<イノシシかと思ったよ>
P1090107.jpg


鹿の湯に入るも、カラダが暖まるどころか寒くて湯から出れず。
まだ風邪が完治してないようで・・・

体調不良もあそこまで醜いと自分に腹が立つ2日間。
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
八ヶ岳その①
2006-01-08 Sun 18:48
shimockに裏切られフラれたので、慌てて相棒探し。
万里さんと阿弥陀岳・北稜にチャレンジすることにした。
この2人で大丈夫なんだろうか・・・ダメなら敗退してくりゃいいや。

小淵沢IC降りても雪は無かった。クリスマスの週はかなりあったのに
溶けたってことは最近は降ってないようで、道の駅で仮眠して美濃戸口へ向かう。
この日は赤岳鉱泉までなので行動時間も短いし、折角だから
美濃戸口の滝でアイスの練習。
P1080091.jpg

P1080092.jpg

右のナメ滝を3本リードしたら、えらく疲れた。やっぱりリードは怖い。

3本目は右側の傾斜がキツイ所をやってみた。
隣のパーティが「Tr使ってくださいね」と言ってくれたので、
借りようかな・・・とも思ったがここは度胸付けるためにも頑張ってみよう。
去年より少しはマシになったのか、モノポイントアイゼンのおかげか
何とか登れた。

美濃戸口の駐車場に戻り、アイスの荷物を置いて赤岳鉱泉へ向かう。
14時少し前に出て、美濃戸に着いたのが14:45。
ここで完全にヨレヨレ。
一休みしてから出発したものの、全くペースが上がらず
クリスマスの時以上にヘタレだった。
<もう日没・・・>
P1080097.jpg

堰堤過ぎた頃から蛇行しながら歩くようになり、すれ違う人も追い抜く人も
いなくて完全に一人旅。
結局赤岳鉱泉に着いたのが18:00前。辺りはもう真っ暗
テント張って、小屋でくつろがせてもらい食事して爆睡。
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
登り初めも城山
2006-01-01 Sun 18:09
あけおめ。
天気は下り坂。登れるだけ登って、今後のことは後で考えることにした。
他のエリアはお呼びでないので、前日と同じ南壁へ。

①アップでアナザステップ5.9
②ブルースカイ(5.9)今日はRP出来そうな気がした。
ハング下までは順調、左手でガバを取るのも出来た。が、
クリップが怖ぇぇぇ~。ヌンチャクをかけてロープを手繰った時、
とっさにヌンチャク掴んでしまう。RP逃した・・・
③鎌形ハング1P目5.10a ダメもとでリードしたら、
核心部で1テンしたものの、何故か登れた。

たった3本で気力が萎え萎えになり、天気も下り坂なので
撤収→温泉にした。1日早く切り上げて帰京。

別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。