The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
アイゼントレ~越沢編その③~
2005-11-27 Sun 22:22
今日の生贄はオレだった・・・
菅原御大・上島ちゃん・マゾ竹田さん・初めまして丸君と。
※本日は写真撮る余裕など、全く無く・・・

3回目のアイゼントレも越沢。
下窪君が熱を出してキャンセルとなったのが、悪夢の始まり。
御大が「そいでは私はukkyさんと」と言って場が固まる。
今日はバイル使うルート行くんでしょ?持ってきてませんが。
「私のバイル1本貸しましょう」ってそうじゃない、
使い方を知らないんだってばよ。。。

1本目の1ピッチ目・・・
一般ルートのバリエーション(Ⅴ級)
ほらね、1本目から尋常じゃないルート・・・orz
隣のパーティからは「大変なとこ行きますね。」と同情され、
「えぇ、大変です。拷問です。」
案の定テンションの山、最後はバイルを岩にブっ刺し、
即席アブミ作って抜けた。

2ピッチ目・・・
いつものルート。ここも自分には厳しいのに、
1ピッチ目が超厳しかったので今日はホっとしたら、
トラバースで落ちた。御大のマネして足をクロス送って、
アイゼンの爪が外れた。まだ修行が足らない。

3ピッチ目・・・
御大の今日の目的は「左の滑り台(Ⅴ+)」
もう好きにしてください。また隣のパーティに「え?左の滑り台
行くんっすか?!」と驚かれ、偶然会った英明さんにも
「マジそこ行くの?」と同情の視線を送られる。
ルートを選ぶ権利など私には無い。
御大も真剣な登り。途中ヒヤヒヤする場面もあり、
自分がそのポイントに立った時「なんじゃここは?」
誤魔化しは効かず、あっという間に落ちる。A0の連続でも
ツライ。岩壁に無数のひっかき傷を残し、
ヨレヨレ・ヘロヘロになって終了点へ着いた。

2本目・・・御大は鋸ルート(Ⅵ級)の更にバリエーション。
丁重にお断りし、丸君を生贄に差し出す。
上島ちゃん達は、第一スラブ(Ⅵ級)
どちらかに行かなければ、の究極の選択で
○Mクラブ上島の客になることに。

1ピッチ目・・・3度目なのにまだ慣れない。
2ピッチ目・・・2スラへ行く英明さんからエール(というか冷やかし)
が送られ、緊張度が増す増す!出だしがキツかった。
<よーく見るとぶら下がってます>
koizawa2.jpg


カンテから体を外に出すのが怖すぎる。ヒヤ汗全開、やはり○Mクラブだ・・・
3ピッチ目・・・このルートのメイン、地上50mでのトラバース。
地獄が始まりますた・・・竹田さんにアブミを残してもらい、
ドタバタ頭の中真っ白の超マゾClimbing。下では降りてきた御大が
心配?そうに見上げているが、そんなこと気にしてらんねぇ!
こんなところトップで行く上島ちゃん、おかしいって。
2人でアホなことを繰り返し終了点に着いたのが16:00。
懸垂で降りて、ヘッデンで下山。
またもや東峯園でプチ宴会やって、帰京。

※よく理解してませんが、ミックスクライミングのグレードは
「M9」などと表記されるようです。レベルの低い身にとっては
Mはマゾという意味にしかとれない・・・
「マゾレベル」ネタで盛り上がった今日、左の滑り台・第一スラブ
とも「M7」とグレーディングさせていただきました。






スポンサーサイト
別窓 | 山・Climbing | コメント:2 | トラックバック:0
アイゼントレ~越沢編その②~
2005-11-23 Wed 22:20
「○Mクラブ上島」開店記念~生贄は誰だ~
今日は菅原御大と。
先に上島ちゃん・川口さん・大魔人・竹田さんが乗り込んでた。

10日前よりも紅葉が進んだ越沢。
PB230173.jpg


行く途中で、念のためルートの確認。
「今日はどこ登ります?」
御大「そうですねー、やっぱり一般と2スラじゃないですか」
「よ、良かった・・・」

で、1本目一般ルート。全てフォロー。
1P目・・・前回より調子が悪い。乗りこもうと思ったスタンスに
立ち込めない。
2P目・・・全然ダメ。トラバース後に落ちそうになり、
A0しまくった。どうしてだ?
3P目・・・とうとう落ちた。右上に乗り移るところで、
アイゼンの爪がスタンスから外れた。かなり悔しい。

2本目は第二スラブへ。
1P目・・・やっぱり苦手だ。出だしから滑ってズリ落ちた。
2P目・・・リードしようかと思ったけど、今日は御大に全てお任せ。
なのでお気楽。
先に登ってた上島組は、左ルート(Ⅴ-)へ。
ここをアイゼンで登るのは、かなり大変だと思う。
PB230184.jpg


リードした上島ちゃんに続き、竹田さんが登っていたが、その
姿はまるで拷問を受けているようだった
(まるで人事)
↓女王さま
PB230185.jpg


こちらは、いよいよ3P目。御大から、出だしは直上すると
後でトラバースするのが大変だから、最初から右へ回ったほうが
いいよと言われた。で、登ってみたらその通りだった。
ルートをよく見ればわかることなのに、気付かなかった前回。

<後続の大魔人パーティ。ここが緊張の一手>
PB230190.jpg


3P目はそれまでより調子が良かった。最後の細かい部分も、
目を皿にしてスタンスを探し、終了点へ。
御大は既に頭の中がビールでいっぱいなので、本日終了。
懸垂で下りて、ビール飲みながら皆を待った。
左ルートを登り終えた拷問組は、懸垂後に2スラへ。
拷問の続きだ・・・竹田さんは泣いているに違いない。
御大とゲラゲラ笑いながら、女王様と生贄の登りを眺めた。
後続の大魔人組は、靴を履き替えJECCルート(Ⅵ)へ。
「へっ?!こ、これから登るの?」ありえねぇ・・・。

ヘトヘトになって降りてきた竹田さん達と、一足お先に
御岳「東峯園」でいつもの宴会。
石田君と川口さんも後から加わり、よく喋って食った。
「次週も○Mクラブ上島は開店しま~す」
次の犠牲者は誰だ?!
別窓 | 山・Climbing | コメント:0 | トラックバック:0
おめでとう
2005-11-20 Sun 23:33
本日は高校時代の友達の結婚式。
負け犬同盟から1人めでたく退会。
PB200148.jpg

残る者どもの争いやいかに。

宴は当人達の人柄らしく、とても暖かいものでありました。
<テーブルの席札の裏には、手書きメッセージが>
__tn_PB200132.jpg

ビックリした&うれしかった。
テーブルは小さめの5人掛け。同じテーブルに座った、
新婦と幼なじみご夫婦ともたくさん話ができた。
いいですねぇ、この大きさ。

PB200128.jpg




この日一番(?)の笑撃衝撃は、高校卒業以来に
再会した同級生たち。
月日は確実に十数年流れても、
会った途端当時と変わらない会話。
(「誰よ、アンタ」や「相変わらず何やってんだか」ってな
下品な調子が変わらない)

最後は、久しぶりに見る「ブーケトス」。
ちょっと待て。この歳にもなれば、そもそも
対象者の独身が少ないじゃないか。
数年前ならワラワラと群がるだろう次狙いの娘達が、
数える程ってどうよ?!
丁重に辞退(だって間違ってとっちゃった日にゃ、
プレッシャーだもん)し、傍観。
激戦を制したのは、かおちんだった

何はともあれ、おめでたい1日。幸せにね、知ちゃん。
別窓 | ENJOY! | コメント:0 | トラックバック:0
置物からの脱却
2005-11-19 Sat 22:28
午後仕事に行って、夜バレーボールの練習。

前回ヒザが曲がらず、コート内で立ってるだけの
状態からは少し良くなった。
何故だかレシーブが絶好調。
アタックもフェイントも不思議と上がる上がる。
4vs4の紅白ゲームで、T野谷・M野のスパイクを
連続で上げた時は、そりゃー気持ちよかった。

その代わり右肩をまた痛めた。第二の故障orz・・・

別窓 | ENJOY! | コメント:0 | トラックバック:0
アイゼントレ~越沢編~
2005-11-13 Sun 23:11
天気は快晴。さぞ気持ちよく登れるだろう、越沢でなければ。
PB130009.jpg


今期初のアイゼントレが越沢、ってのがそもそも無謀だっちゅうの。
あぁ、2スラが恐ろしい・・・
PB130032.jpg


岩場には2番乗りで、早速Ⅲ級の一般ルートからスタート。
オーダーは滝野&下窪の野郎組、上島&ukkyの女郎組で
まず滝野さんが取り付いた。
PB130014.jpg


本当に今期初ですか???
スキーが上手い人はクライミングもアイゼンも上手いと思う。
アイゼンでこのⅢ級を登るのは初めて。
当たり前だが、フラットソールでは自分でも余裕のⅢ級も
甘くはなく、一手とはいえ前歯1本での立ちこみは緊張の連続。
早くも脂汗全開だってばよ。
PB130015.jpg

テラスに着くと2P目は先行Pのセカンドが登り始めたところ。
なので休憩がてら喋ってると、セカンドが落ちた・・・
マズイ、自分とオーバーラップしてきた。
↓この余裕。10分後には・・・
PB130021.jpg

↓マジ顔全開。
PB130024.jpg

下窪殿が取り付き、出だし右へトラバースする所で悩む。
やはりそこか・・・フラットソールでも嫌だもの。

PB130025.jpg

格闘の末、無事抜けて行った。この際A0でも何でもアリだぜ!と
言い聞かせ、4番手でスタート。
トラバースの部分は皆のスタンスを見てたので無事通過。
だが傾斜が緩くなる直前で足場が細かくなり、
パニくる寸前で切り抜けてテラスに着いた。
落ちなくて良かった・・・
↓隣の鋸ルート。先日スズメバチにやられた箇所。
PB130027.jpg

最終ピッチ、小さいスタンスを拾いながら何とか落ちずに登れた。
懸垂して下に着いたら12:30。
軍手外し・A0もしなかったし、今期初アイゼンにしては上出来。
昼食後、いよいよ2スラへ。。。

案の定、1P目は腕がパンパンになり脂汗カキカキ。
傾斜がきつく、外傾したスタンスが心臓に悪い。
ヘロヘロになってテラスに辿り着いた。あわよくば次のピッチを
リードしようかな~などという企みは、サクっと消えた。
ところが、先行パーティが詰まってて休憩時間がとれたのだよ。
ならば行ってみようじゃないの
慣れてきたのもあり、去年初めてリードした時よりは
落ち着いて登れた。でも上のテラスまでは無理。怖すぎ。

いよいよ最後ピッチ。いつになく高度感を感じる。それでも
上島ちゃんは順調にロープを伸ばす。素晴らしい・・・
PB130037.jpg

この右へトラバース気味に登る部分が細かい。たまらずA0。
PB130039.jpg

終了点に着いて、ようやく緊張感が解けた。
落ちずに登れて本当に良かった&ずっとリードしてくれた
上島ちゃんに感謝。
続く野郎組を終了点で待って懸垂したら日没寸前。
【あと少し。がんばれ!】
PB130042.jpg


いつも通りの残業で、ヘッデン下山。つづら岩からハイキングしてきた
竹田さん交え、時間調整という名の宴会を御岳でやって帰宅。
大充実の1日が終った。
別窓 | 山・Climbing | コメント:2 | トラックバック:0
勝沼ロードレース
2005-11-06 Sun 21:27
1年ぶりの「地獄坂」決戦。
KATUNUMA4.jpg


都内で2名を拾い、一路中央道で勝沼へ。
今回は新入社員が4名加わり、総勢20名を超えた!



久しぶりに会う面々は、朝から牽制合戦
他人の練習量・体重の増減を伺う姿は醜い。
「最近どうよ?」この挨拶言葉には色々な意味が含まれていた。
永遠のライバル?


2年ぶりにマラソン参加の高田博士は、
革靴で練習したり靴下が左右違ったり、相変わらずボケ炸裂。
今回、上下グレーのスウェットに寝グセで走るその姿は、
寝起き状態そのものでおかしかった。
↓結果より飲みと食いチーム
勝負より食い気



さて、10kmにエントリーしていたものの、ヒザの調子が悪いので
出走中止を検討していたが、やっぱりあの「坂」を走らんことには気が
済まなくなった。
多分3km地点で坂の終わりかな、と思い
そこから歩いてショートカット&リタイアするつもりで
とりあえず出ることにした。

ところが、坂を登りきったところでゴールへの近道が無い
丘の上から見渡すと、そこは一面の葡萄畑と農家。
しかも坂の上は5km地点近く。
完走するのが一番の近道ということでそのままゴール。
ちなみに80分という至上最遅タイム。
後ろには数える程の人しかおらんかった。

レース後は恒例ワインの試飲しまくりで、皆デロデロ。
表彰式で雨が降り始め、撤収。我らマイカー組はお馴染みの
天目山温泉で汗を流し、露天から雨中の紅葉をしばし楽しむ。
いつになく混んでたけど、順番待ちする程でもなく700円は妥当か。
夕食は何故か池ぽんの奢りとなり、終わり良ければ全て良し!
あざーーーーっす!

別窓 | ENJOY! | コメント:0 | トラックバック:0
引越してみた
2005-11-01 Tue 22:08
今月からblogを引越ししますた。
過去記事は追々やる。であろう。気が向けば。
それまでのblogはこちら↓
http://blog.drecom.jp/yoreyoreyamaya/
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
| ヨレヨレなるままに~blue sky~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。